毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

新しい発見

前回、親と私の性格の相性が悪かったと書きました。

それはそう考える事で誰も憎むことなく暮らしていけると気付いたので、多少強引にそう思う事にしたというのも正直あります。

しかし、最近『 例え血を分けた親子でも相性の良し悪しはあるよな~』と実感する事が多々あるのです。

 

ひとつは私と両親の関係。

妹たちと会うと昔の思い出話で盛り上がったりするのですが、その際に両親から言われたことやされた事に関して妹達と感じ方が結構違った事が判明。


f:id:nonousagi:20180930012931j:image

私自身、自分は気が小さいほうだとは思っていたのですが自分が思っていた以上にビビリでマイナス思考な子供だったんだなぁと再認識しました。

 

そしてその遺伝子は受け継がれ…f:id:nonousagi:20180930012942j:image

こぐまも私と同じくかなり感受性豊かな子供なんだと気付かされる事が最近特に多くなりました。

傷付きやすいので言葉選びにも気を遣いますし、臆病なので何か新しい事を始める時もやる気を出させるのに苦労します。

『 両親も、もしかしたら私に対してこんな風に育てにくさを感じていたのかな…』と思う事もあります。

 

私と両親の関係はもう過去の事なので『 相性が悪かった』で済ませば良いのですが、私はこぐまに対して両親と同じ様に子供の性格や気持ちを理解せず思いやる事のない子育ては絶対にしたくありません。

今までもずっと『 自分がされてイヤだった事は子供にはしない』そう思ってこぐまと接してきました。

こぐま大きくなるにつれて私と似た気質が見えてきた事で、その思いは益々大きくなりました。

でも今までの子育て方法が本当にこぐまの為になっているのか?

両親と違う育て方をする事にばかり気を取られてないか?

これからどんな風に接していくのが1番良いのか?

など悩みは尽きませんでした。

そんな時、たまたま目にしたネットニュースに私は釘付けになりました。

 

続きます~。