毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

両親と私 後編

私は両親を悪人だと思ってるわけじゃないんです。

許せない事もあるけど、それは2人の一部分で良い所もありました。

 

父はスポーツが得意でたまに父兄参観でレクリエーションなどした時などは大活躍でした。

また明るい性格で友人も多かったです。

母は料理が得意で作ってくれる料理はどれも美味しかったです。

 体が弱かった私のせいで仕事に支障が出る事が幾度となくありましたが、それを責められたことは1度もありませんでした。

 

こうして良い所を思い出して書いているとボロボロ涙が出てきます。

好きだけど嫌い。

嫌いなのに好き。

…なんです。

しかし、

『 こんなにいい思い出が沢山あるんだから根はいい人なんだよ!もう仲良くできるでしょ!』と意気揚々と会いに行ったりすると、

『 やっぱり簡単に性格変わる訳ないわ…めっちゃ暴言吐かれて疲れた…』となるのが常でその感情の上がり下がりの繰り返しがしんどいのでやっぱり会うのは最低限にしようと今は決意しています。

 

そして最近は『 親子関係が悪くなってしまったのは私が原因でもあるなぁ』と感じるようになりました。

自分を責めているわけじゃないのですが思い返すと『 もっとこうしてあげれば良かったかな』と思う事が多くなりました。

例えば先程の父兄参観のレクリエーションの件などは父がはしゃいでいるのが恥ずかしくて賞状をもらっても全然喜べませんでしたし、母に関しては気を遣いすぎて嫌なことはもちろん言えませんでしたが、嬉しい事なども隠してしまい母から見れば「よくわかんない子」だっただろうな~と自分も親になった今は思ったりします。

 

でもそれが私。

こうした方が良いと分かっていても出来ないことも沢山ある。

それは両親も同じだったと思います。

もっと上手くやれば良かったと思う事もあるでしょう。(そうあって欲しい( ̄▽ ̄;))

 

結局、何が言いたいかと言うと…

 

相性が悪かっただけ!

 

って事です。

 

たまたま私との相性が悪かった人が両親だったってだけ!

だから私が悪いんじゃない!

両親も悪くない!(ちょっとは悪いか?)

両者とも悪くないなら憎まなくていいし、自分を卑下しなくてもいい。

わざわざ相性の悪い者同士で一緒にいなくてもお互いに好きな人といればいいんだ。

と考えられるようになりました。

 

今の時点ではこれが私の気持ちの落とし所です。