毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

毒親問題解決への道

いつも私のブログをご覧頂きありがとうございます。

自己救済の目的で始めたこのブログですが過去を洗いざらい書いて描いて、とりあえず生い立ちについては一通り書けたかなと思います。

書き始めた頃は両親への苦しい思いが自分の中で濁流のように暴れていて、それを塞き止めるのが精一杯でした。

書く度に心の奥に沈めていた闇が溢れ出して辛くて辛くて『もう書くのをやめてしまおうか… 』と何度も思いました。

でもネットで公開しているブログなので『 もしかしたら読んでくれてる人がいるかもしれない』と思って書き続けました。

しかし書いているうちに段々自分の気持ちが軽くなっていくのを感じました。

両親との関係は何も変わっていないのに明らかに書く前とは違いました。

そのうち書くことがストレス解消になり自分の嫌だった事、辛かった事を次々ブログに載せました。

『 マイナスな表現ばっかりで読んでくれる方が不快に思うかな…』と心配になりマイルドな表現に変えようかとも思いましたが自分の気持ちを少しでも偽ったら意味が無いと感じその時に思ったまま書くことにしました。

その為、同じ出来事を書いた記事でもその時の精神状況で微妙にニュアンスが違ったりした事をお詫びします。

それくらいブログを始めた頃と今では心の持ちようが変わりました。

 

例えるなら私にとって両親から虐げられた記憶は海底に沈んでいる毒瓶の様な物でした。f:id:nonousagi:20180901214753j:image

私はそれをずっと見ないようにしてきました。

水面は綺麗で穏やかで問題ない様に思えました。

でも確かに毒瓶は存在していて海を汚染してました。

子供が生まれて心の海が揺さぶられて波が立つ事が多くてなると毒瓶は割れて海面に毒が広がり、どうすることも出来なくなってしまいました。

 

これがブログを始める前の状態です。

そして書くという作業は海底の毒瓶を見つけて浜辺に引き揚げる事でした。

f:id:nonousagi:20180901214857j:image

それを皆さんに公開すると段々見に来てくださる方が増えて時には暖かい声を掛けて頂くこともあり、それは海の浄化作業の活力になりました。

毒瓶を並べて観察してみると気づくことが沢山ありました。

f:id:nonousagi:20180901214930j:image

『 父親の瓶は中身は猛毒だけど月日が経って瓶が分厚くなって簡単には割れなそうだな』

『 母親の瓶はとにかく数が多くて毒の種類も多様だ。瓶はどれも薄くて割れやすそう』

毒瓶を浜辺にあらかた引き揚げ終わった今、海はとても綺麗で穏やかです。

海の解毒には主人やお義母さん、妹や友人、そして子供たちも手伝ってくれました。

綺麗な海に潜るとキラキラした瓶もたくさん見つかります。

それらを見ると私はとても幸せな気持ちになれます。

たまーに両親のキラキラ瓶も見つかってびっくりすることも…。

f:id:nonousagi:20180901215007j:image

毒は簡単に割れないように丈夫な瓶に詰め替えてまた海に沈めます。

毒もまた私を形成する物の1つです。

いつか毒瓶も何かの役に立てばいいなと思います。

 

とまぁ今までの経緯をイメージで書いてみました。

要は両親への記憶と感情の整理が出来て、今の家族から大切にされてる事にブログを始めたおかげで改めて気付けたって事ですね。

正直最初はここまで心穏やかになれるとは思いませんでした。

自分が考えていた以上に記憶をなぞって整理することは重要な事だったようです。

これも皆さんが見守って下さったお陰で出来たことです。

本当にありがとうございました。

次回からは毒親問題解決に向けて役に立った事、感じたこと、これからどうしていきたいかなど書いていこうと思いますのでまたよろしくお願いします(。^ω^。)