毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

毒親育ちの恋愛事情 その10 幸せになろう!

くまさんの言葉に感動した私はもう一度くまさんとお付き合いする事にしました。

課題はありました。

前にお付き合いした時に別れる原因となった父親の性虐待によるトラウマの事。

母の病気の事。

でもそれらの問題にもくまさんとなら頑張って乗り越えてみよう!と思える程、くまさんの言葉は衝撃的でした。
f:id:nonousagi:20180120110616j:image

とは言えこの時、くまさんの言葉を全て信じていた訳ではありませんでした。

特に起業して母を養うなどの発言は『それくらいの覚悟がある』くらいの表現で実際はしないだろうと思っていました。

しかしくまさんは元々起業願望があったそうで着々と資格を取ったりして準備を進め始めたのです。

そこで私は改めて『この人は本気なんだ…』と実感したのでした。

その後、母の病気も良くなり再就職出来たり、他にも色々状況が変わって起業自体はしなかったのですがくまさんの実行力が知れた良い機会になりました。

 

そして私のトラウマの事…。

前にくまさんに体を触られたとき父親に悪戯された時の状況がフラッシュバックしてしまうというものでした。

くまさんは無理にしなくてもいいと言ってくれていましたが、結婚を前提にお付き合いするのに避けられる問題ではありません。

とりあえず挑戦してみると…

『あれ?前ほど嫌じゃない…?』

私の意識が くまさん=父親的存在 から くまさん=結婚相手 に変わったからなのか、それとも父親と離れて暮らして前より時間が経ったからなのか、フラッシュバックは起きませんでした。

でもやっぱり触り方が似てるのが嫌だったのでそれは正直に話してなるべく変えてもらいました。
f:id:nonousagi:20180120110730j:image

そんな感じで試行錯誤している内に普通に出来るようになり今では子供も出来た次第です。

性について話し合うのもくまさんとだから出来た事だと思っています。

他の人とでは嫌われるのが怖くて自分の意見なんて言えませんでしたから。

 

私の事を愛してくれている。

 

心からそう信じられるのはそれまで生きてきてくまさんだけでした。

こうして親から愛された実感の無かった私はくまさんのおかげで少しずつ自己肯定感を持てるようになっていくのでした。