毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

過去編(父) その13 決別

f:id:nonousagi:20171207003917j:image

とうとう離婚を切り出す日がやって来ました。

父がまだ寝静まっている朝早くに母方の祖父と伯父が立ち会いのため家に来てくれました。

軽く引越しの打ち合わせなどした後、伯父から神妙な面持ちでこう切り出しました。
f:id:nonousagi:20171207003926j:image

子供たちの意見を尊重しようとして聞いてくれました。

私たちの答えは…

 
f:id:nonousagi:20171207003934j:image

3人ハモりました☆

父に会えなくなるのが寂しいなんて感情は一欠片もありませんでした。

むしろ早く目の前から消えて欲しいと思っているのにそんな事を聞かれるなんて心外でした。

この時伯父は『実の父親なのにここまで嫌われるなんて…自分の娘にはこんな風に思われないように気をつけよう!』と心に誓ったそうです。(後日談)

 

その後、起きてきた父と母達はリビングで話し合い、私達子供は2階で引越しの最終準備をしていました。

怒号が聞こえてくるかと覚悟していたのですがやはり祖父達がいたので喧嘩にはならずに済んだようでした。
f:id:nonousagi:20171207004032j:image

話し合いは2時間ほどで終わり、離婚は無事成立し母達も引越しの準備に参加しました。

父が隣の仕事場で仕事中に引越しして出ていくという事になったらしく私達は急いで荷物を運び出しました。

 その途中、ガムテープが足りなくなり仕事場の隣の事務所に取りに行きました。
f:id:nonousagi:20171207004653j:image

すると仕事場にいると思っていた父が事務所の机に突っ伏していました。

 さすがに憔悴している様子でいきなり出ていく身としてはかなり気まずかったです(;´Д`)

父は「これからどこに住むんだ?」と聞いてきましたが「お母さんが決めた所でまだ知らされてないんだ」と答えました。

本当は全部私が手配したんですけどね…。

まだ色々聞きたそうな父を尻目にガムテープを取り早々に立ち去ろうとしました。

…が、曲りなりとも18年育ててくれた父に挨拶だけはしとこうと思い…
f:id:nonousagi:20171207010354j:image

『まだ世話するってどういう事?』と疑問に思い、家に戻って母に問い質しました。
f:id:nonousagi:20171207010648j:image

 世話をすると言うのはまだ学生だった妹たちに養育費を払う事でした。

ひどい事もされたけど心の底では娘達を大事に思ってたのかな…

 

なぁ~んて事はコレっぽっちも思いませんでした☆

思った事はただ一つ…
f:id:nonousagi:20171207232937j:image

 祖父たちの手前、見栄をはったんだろうなと察しはつきました。

事実、養育費が払われたのは最初の1回だけ。

しかもお金が無いからと一万円だけでした。

あ、でもその1万円で携帯買い換えて父の知らない番号に出来たんだった。

それだけはありがとうね☆