毒親育ち、解毒子育て☆

毒親エピソード+子育てエピソードを漫画で描いてます☆閲覧は自己責任でお願いします。

思い出の我が家②


元実家の少し手前に車を停め、家の様子を伺うと以前来た時とは様子が違いました。

庭木は綺麗に整えられ庭に雑草も生えておらず、家の壁も綺麗に塗り替えられていて家の中も以前のように荷物でギューギューな様子はありませんでした。

まるで昔、家族全員で仲良く暮らしていた時に戻った様でした。

そして車も変わっていました。

前は赤くてボロボロな中古車に乗っていたのに今回は大きなファミリーカーが駐車場にありました。

すると妹が「チャイルドシート付いてるよ!」と言うので目を凝らして見ると確かに後部座席に乳児用と思われるチャイルドシートが付いていました。

「えぇ!再婚して子供産まれたの?!」

「私たちの妹か弟?!」

「って言うかお父さんもう還暦過ぎてるのに…」

「…」

「…」

「でもなんか幸せそうで良かったね」

「本当だね」

とひとしきり妹と盛り上がり家の前を後にしました。

しかしどうしても相手の人がどんな人なのか気になったので近所に住んでいる妹の同級生にLINEで聞いてみると…

f:id:nonousagi:20181211215803j:image

『2年前くらいに引っ越したんだよ。今は新しい住人が住んでるよ』との事でした。

「再婚じゃなかったのか~」

「幸せに暮らしててくれたら安心出来たのにね~」

「まぁ仕方ないね」

「でも家まで様子見に行くとか、私達お父さん大好きみたいじゃんね(笑)」

「あはは、本当にね」

とこれまた妹と2人で笑いました。

 

 

この時、思いました。

『あぁ、もういいや…』って。

 

 

ずっと父を酷い親だと思っていました。

家庭を持っているのにギャンブル好きで酒好きで家は貧しいのにろくに働かなかった父。

母に暴言や暴力を振るい、私には中途半端な性虐待を行う父。

でも好きな所もありました。

母に怒られた時に庇ってくれる父。

一緒に遊びに行ったらこっそりアイスを買ってくれる父。

そんな父の好きだった部分を私は封印していました。

100%嫌いにならなければ父を捨てる事を正当化する事が出来なかったから…。

 

 

でも今回帰郷してふと、

『父にひどい事をされた事実は変わらないけど、父を好きだった事も本当の事だ。

それを偽らなくてももういいや』と思えたんです。

それは幸せだった頃の実家を思い出せたからなのか、

父の行方が分からなくなって接点が無くなった安心感からなのか、

父が再婚したと知った時(違ったけど)素直に喜べた自分がいたからなのか、

理由はどれか分からないけどそう思えた事が自分にとって大きな救いでした。

 

 

誰かを嫌うとか憎むっていうのは本当に疲れます。

負の感情を持っているということで自分に自信が持てないこともありました。

誰かを憎みながら自分が幸せになるのも難しいです。

それらから解放されて今はとてもスッキリした気分です。

勇気を持って行って良かったです!

思い出の我が家

先日、私とこぐま+妹と妹の息子(こいぬ)の4人で私が子供時代(0~19歳)を過ごした街を訪ねてきました。

今は父だけが住んでいる街です。

母と私達姉妹は離婚後にこの土地を離れてしまい、もう泊まれる家もないので友達の結婚式か同級会など誰かに呼ばれなければ帰る事もありませんでした。

今回も私の友達の結婚式が帰る理由でしたが、住んでいた家や父がどうしているのか気になって様子を見に行くことにしました。

 

 

実は10年前(離婚して5年後)にも1度行ったことがありました。(車から様子を伺っただけですが)

私達が住んでいた時とは違い、庭は荒れ果て、家も外からわかるほど部屋に荷物が乱雑に散らかっていました。

それを見て『お父さんにとって離婚したことはマイナスだったのか…やっぱり私はお父さんを見捨てたんだな。もっとしてあげられる事があったかもしれないのに…』と哀しい気持ちになったのを今でも鮮明に覚えています。

父に対して不信感や嫌悪感もあるものの、こんな風に申し訳ない気持ちも未だにあります。f:id:nonousagi:20181203004225j:image

f:id:nonousagi:20181203004235j:image

こんな風に色んな気持ちが共存している中で『今、あの家を見て私はどんな気持ちになるんだろう…』そんな思いで行ってみることにしたんです。

 

 

でも何となく前と同じような気持ちになるのかなと思っていました。

『1人で寂しく生きているお父さんを尻目に私は子供も出来て幸せに生活しているのに、お父さんに孫を見せに行くこともしないで…』とか…。

前回家を訪ねた時は性虐待されてた事を自分が認めてなかった(勘違いかもと思っていた)ので今回は父に対しての憎悪が増すんじゃないかとか、自分が抵抗しなかってせいで父の行為を増長させ、母を傷付けてしまっていたんじゃないかとか思うのかなとか…。

そんなことを考えていたら帰郷3日前くらいから胃はキリキリするし吐き気はするしで散々でした(;´Д`)

『自分で勝手にストレス増やしてアホか…結婚式が主な目的なのに…』

とやっぱり行くのやめようかな…とも思ったのですが今回を逃すと当分行く機会も無さそうなので頑張って行ってきました。

 

 

しかし当日…。

私の想像したものと全く違う光景を目の当たりにする事になったのです。

 

長くなったので続きます。

言えないよ~

先日こうさぎの一歳半検診に行って参りました。

お子様がいる方はご存知かと思いますが(地域によって違うかもですが)、検診に行く前に質問表が送られてきて記入して検診日に提出するんですよね。

子供に関する質問から

(言葉は何を話しますか、歩き出したのはいつ頃ですかなど)

親に対しての質問まで

(頼れる人はいますか、疲れてないですかなど)

色々あったのですが、今回は二人目と言うこともありサラサラ~っと書いて出しました。

こぐまの時は歩くのが遅かったり寝ぐずりが酷かったのでかなり細かく書いたんですが、こうさぎは特に心配なことも無かったので…。

その質問表を元に面談が始まり…

f:id:nonousagi:20181119224159j:image

f:id:nonousagi:20181119224207j:image

「いや~、父親は酒乱で貧乏でしかも私、性的な嫌がらせ受けてたんですよね~。母親も見てみぬふりだし暴言も酷いしで大変だったんですよ~☆」

 

って言えるかっての!!

 

虐待の連鎖の芽を摘み取る為の質問だろうし保育士さんも仕事で聞いて下さってるって言うのも分かってるんですが…。

人に堂々と言えない過去が自分にあるんだと改めて自覚してしまって少し悲しかったです…。

もうかなり両親の事は心の中で整理出来たとこのブログで何度も書いていますが、やっぱり『性虐待を受けた人』と人から見られるのは恥ずかしいと思っている自分がいます。

人によってはその事を知ったら私との関係を断ちたいと思う人もいるんじゃないかと思ってしまいます。

保育士さんだって同じ市内に住む人ですから正直に話してご近所さんや友達に知られてしまったら…そう思ったら何も言えなくなってしまいました。

 

性虐待の中では私はまだ軽い方だったと思うのですが、それでもこの事を話せたのは主人と末の妹だけです。

これからも多分誰にも話せません。

誰かに理解して欲しい訳じゃないのですが、たまに自分の中だけでは抑えきれない感情に襲われます。

なのでこのブログで吐き出せるのは私の数少ない救いです。

本当にいつもありがとうございます。

今日も何とかやってます(;^ω^)

消えない自己否定

皆さんお久しぶりです。

こちらのブログをお休みして1ヶ月程経ちました。

その間、お知らせしていた通り育児ブログ書いてました(まだ下書きですが)。

長男のこぐまが今より小さかった時に大変だった事や、嬉しかった事など色々思い出しながら記事に起こしていると本当に今の生活が幸せなんだしみじみ思います。

そんな事を考えながら書いていると何故だか心がザワザワする事に気が付きました。

『おかしいな…なんだろうこの感覚…前に感じた事があるような気がするけど…まぁいっか!』

と気に留めずに書き進めていたのですが…
f:id:nonousagi:20181111192522j:image

f:id:nonousagi:20181111192525j:image

なんなんですかね~…

いつまでもいつまでも心の中に住んでる母の幻影が消えません。

昔から母から自己を否定されて生きて来ました。

クラスの子にいじめられてると言えば「お前が泣いてばかりいるからいけないんだ!」

洋服を買えば「そんな色、似合わないでしょ!趣味悪」

結婚した時も「私たちを置いて遠くに行くなんて薄情者だ」

とまぁあげればキリがないんですが、ずっとこんな感じだったので私は何かする度に『これをしたらお母さんは反対するかな』ということを常に考える癖がついてしまっていました。

私の心の中の母が私を否定して来るのです。

最近はあまり出てこなかったんですけどね。

 

母と電話などで話している時に、良かれと思って私が今幸せに暮らしてるよ的な話をすると母は「私は今こんなに大変なのに」とか「お前じゃなくて旦那さんが出来た人だから今の生活があるんだ」 という事を間接的な表現で伝えてきます。

『またこの人は…』と表面的には流していたつもりなのですが『お母さんは私が幸せになる事をよく思ってないんじゃないか』という疑念が累積してしまっていたのかもしれません。

 

あぁ~もうやだなぁ~(ー'`ー;)

もう気にしなきゃいいって頭では分かってるのになぁ。

そんな感じて子育てブログは滞っています…。

愚痴ってすみません。

これから…

こんにちは、野々うさぎです。

最近の近況報告です!

 

長男のこぐまは現在小学1年生になり、毎日楽しく通っていますが、やはり幼稚園とは違いやらなければいけないことが沢山あってちょっと大変そうです。

次男のこうさぎは一歳半になり、日に日に出来ることが増えて目が離せませんが、可愛くて仕方ないです。

主人のくまさんは相変わらずマイペースで穏やかですが仕事が忙しくて疲労困憊のご様子。もう少し子供との時間が持てると嬉しいですね。

私はと言うと、ずっと書いている通り両親への思いは表面化しなくなり、のほほんと専業主婦生活を楽しんでおります。

 

最初このブログを始めた時は、毒親ネタと育児ネタを5:5位の割合でやって行こうと思って始めました。

だけど始めてみたら両親への思いが強すぎてほぼ毒親ブログになりました( ̄▽ ̄;)

なので育児の事は私の育ちに関係する事しか書かないようにしていました。

でも書いてる途中で『 子供たちとの楽しかった事や苦しかった事も、もっとたくさん描きたいな』という思いがだんだん強くなりました。

f:id:nonousagi:20181014104325j:image

特にこぐまに関しては大変だった事が多くて、ブログに書いて頭の中を整理したい思いが日に日にまして参りました。

という訳で近々新しいブログを立ち上げようと思います!

ここのブログはまた両親との関係や感情に変化があったら書こうと思いますが、もしかしたらそのうち非公開にしちゃうかも知れません…。

読み返すと本当に絵も文章も稚拙で恥ずかしいので…( ̄ω ̄;)

 

実は再来月に父の家の近くで用事があり、ついでに家の様子を見てこようかと思っています。

もちろん父には会いませんが、自分がその時どんな感情になっているか想像出来ません。

穏やかな気持ちでいられるかな…

そうだったらいいな~

 

とりあえず、その時までこちらのブログはお休みします。

新しいブログは立ち上げたらご連絡しますので良かったら引き続きご覧頂けたら嬉しいです!

 

 

新しい発見 その3

『 ひといちばい敏感な子』という言葉を知り、こぐまの育児方法の指針が出来た頃…。

更に調べていくと、その大人バージョンもある事が分かりました。

『 こぐまみたいに敏感な子が大人になっても生き辛くて悩んでいる人が沢山いるんだな…これからの参考に読んでみよう』と読み進めると…

 

これ私のことじゃーん!( ̄▽ ̄;)

 

読めば読む程自分に当てはまる…

まるでこぐまの時のデジャブ…f:id:nonousagi:20181010081250j:image

特に気になったのが、『 敏感な人は自己肯定感が低い』という事。

これは私も自覚していたのですが、今まで私は毒親育ちだから自己肯定感が低いんだと思っていました。

『 でも、それは自分が敏感だから自信が無かっただけで親が毒だったわけじゃなかったのか?』

『 今まで散々、親に文句言ってきたのに(ブログで)被害妄想だったのか?』

そんな不安に駆られながら更に読み進めると私の敏感な性格と毒親育ちの影響の関係性が見えてきました。

 

まず敏感な人の特徴として

 ・人の感情に共感しすぎる

 ・人の影響を受けやすい

というのがあります。

ここからは抜粋ですが↓

“敏感な人は相手に共感しすぎて、相手の苦しみや悩みなど背景にあるマイナス感情に影響されやすいのです。

親か周囲の人が問題を抱えていると、それを解決するのが自分の責任だという気になる無意識の癖を持っています。

相手を癒せないのは自分が足りないからだとか、自分がいけないんだと自分を追い込んでしますのです。

自責感や罪悪感、無力感がいっぱいになり、自己評価が下がり自分を肯定出来なくなってしまいます。”

 

つまり敏感な人は周りの人の感情に影響されやすいので、毒親に育てられるとその影響は普通の人より大きいという事ですね。

実際に妹達は私より両親の発言や行動に傷付く事が少なかったようですし、私も今思えば色んなことをネガティブに捕らえすぎていた気がします。

なので…

 

敏感な子 × 毒親 = 相性最悪

 

ってことですね( ̄▽ ̄;)

しかし、これは言い換えれば愛情深く敏感な子に接すればその子にとって素晴らしい人生の糧になるということ。


f:id:nonousagi:20181010081307j:image

私が愛情深い親かと言うと…自信はありませんが、自分自身の子供の頃の経験を子育てにも活かして頑張って行きたいなと思っています。

新しい発見 その2

私はずっと自分の育児方法に自信がありませんでした。

 

こぐまが生まれる前から毒親育ちの自分にきちんとした子育てが出来るか不安で…

産まれてからはずっと泣き続けるこぐまに疲弊し…

お義母さんが来てくれてからは身体的に楽になったけど自分と比較して我が身の未熟さに落ち込んだり…

幼稚園に入ってからは他の子に比べて明らかに消極的なこぐまに戸惑ったり…

 

試行錯誤しながら何とかやってきましたが、ちゃんとお母さんが出来ているか常に不安でした。

そんな時、偶然見つけたのが…

 

『 ひといちばい敏感な子供』

 

というネット記事でした。

こぐまに対して『 敏感』という認識は無かったのですが、言い得て妙だと思い読んでみました。

そこにはチェック項目があって複数個当てはまる、または1項目でもその傾向が強ければ『 ひといちばい敏感な子供』だということで試しにやってみると、ほとんどこぐまにあてはまりました。

f:id:nonousagi:20181002234932j:image

この『 ひといちばい敏感な子』というのはアメリカの臨床心理士の先生が提唱している用語で専門書もあるという事なので早速取り寄せて読んでみました。

すると今まで悩んで来た事や迷いながらやってきた事が、まるでこぐまの成長日記かと思うほど似たことが書かれていました。

特にこぐまに当てはまると感じたのは、

 1、すぐにびっくりする

 2、たくさんのことを質問する

 3、静かに遊ぶのを好む

 4、痛みに敏感

それまで私はこぐまの他にこぐまのような子に会ったことがなく、誰かに相談しても明確なアドバイスがもらえることも無く、こぐまの行動や言動の原因を考えても答えに辿り着けないことが多々ありました。

 

その本は、こぐまような子が世界中に沢山いる事、そんな子が健やかに育っていけるように親ができる事、そして今まで私が手探りで実践してきた育児方法が間違っていなかった事を教えてくれました。

 

『 ひといちばい敏感という子供の気質を受け入れ、それに合った育て方をする』

 

それがこれから私が目指す育児だ!と本に後押しされた事で強く決意する事が出来たのでした。